FC2ブログ

こども店長

独り言です・・・



最近、なにかと話題の「こども店長 加藤清史郎」くんですが、

活字を見るたび、清志郎のことをを思い出します。

名前を見るたび、清志郎関連の新しい記事かな?と思ってしまいます。






僕だけかな?
スポンサーサイト



15:41 | 忌野清志郎 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FUJIROCK PART4

グリーンステージを後にする。
しかし人が多すぎるためなかなか進まない・・・
汗びっしょりだ・・・服着てサウナに入ったみたいだ・・・

お客さんの中には泣いている人も見かけたが
多くの人は笑顔だ・・・大満足の表情をしている。
他のライブも観たかったけど、今回は日帰り強行ツアー!
泣く泣く出口へ・・・

ゲートではライトアップされたヒトハタうさぎのバルーンが見送ってくれた。
たくさんの人が記念写真を撮っていた・・・

シャトルバスに乗り駐車場へ、真っ暗な中で車をやっと見つけ
やっと全身着替えることができた!
清志郎の曲をランダム選曲し、いざ東京へ出発!

「忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラ」
あっという間の1時間半だった・・・欲を言えばきりがないが
もっと観ていたかった・・・チャボの「激しい雨」が聴きたかった・・・

正直・・・チャボが心配だった・・・
しかし、ものの見事にその心配を蹴散らしてくれた・・・
今回のチャボの圧倒的パフォーマンスを観れただけで満足だ!

去年のフジロック・・・チャボは清志郎と共に出演する予定だった・・・
「僕達の置き去りにされた約束」を見事に取り返したと思う・・・
チャボは確実に次の一歩を踏み出していた。

伸ちゃんも今回はサポートに徹していたが、伸ちゃん含め
ナイスミドル、ニューブルーディホーンズのみんながいなければ
今回の素晴らしいライブは成功しなかっただろう。
伸ちゃんのギターには清志郎の写真が貼ってありました・・・

そして最後になりますが・・・
泉谷のブログにこんなことが書いてありました。

ライブが終わってバックステージで泉谷が他の出演者達と乾杯していると・・・

後ろから泉谷の腕を引っ張る人がいたという・・・

「ネェ、一緒に写真撮ってよ。」

石井さん・・・

竜平と百世も一緒だったらしい・・・

泉谷は葬儀に出席しなかったことを詫びた・・・

「いいのよ、わかってる、あなたの気持ちわかってるから・・・」

と言ってくれたらしい。







01:00 | 忌野清志郎 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FUJIROCK PART3

チャボ  登場・・・

とてもゆったりとした・・・マイペースな登場だ・・・

もちろん会場では大歓声が上がっているが・・・
たとえば・・・剣道の試合に挑む剣士のような気合を感じる・・・

「いい事ばかりはありゃしない」

凄い迫力だ・・・圧巻だ・・・!
チャボのこんな迫力のあるボーカルは聴いたことがない・・・
後から聞いた話だが、チャボがこの日使ったギターはフェンダーのエスクワイヤーだった。
清志郎のギターだ・・・この日のためにわざわざ借りてきたらしい。
清志郎とやるときは、チャボが歌うところを今回は伸ちゃんが歌った・・・
最終電車のところは・・・国立・・・だった・・・
サビの「金が~欲しくて~」のところは・・・
スタンドマイクの脇に寄って歌っていた・・・
隣にはいつものように清志郎が歌っているかのように・・・



続いてチャボはそのまま残り Leyona と Chara が登場・・・
Leyona は“みんなで清志郎さんの歌を歌おう~!”
Chara は何か言いかけたところで・・・
チャボのギターが鳴り響く・・・
慌てて Chara は“ありがとう~”と叫んだ・・・
穿ったみかたをすると前日に離婚発表しといて、
この場所でくだらないこと言ってほしくないということで
チャボが強引にイントロを弾いたのかも・・・?

「君が僕を知ってる」・・・チャボが真ん中で女性が両サイド、
最初にLeyona、次にChara・・・
チャボは“わかってくれる”のコーラスを入れる・・・
ここでもチャボが良かった・・・気合入りまくり!
チャボは歌唱力はよくわからないが、やっぱり気持ちで歌う人ですね。

ステージが暗くなりスクリーンに再び清志郎が登場!
“最高だぜ!フジロックベイべー!ゴキゲンだぜ!
戦争は終わらないけど・・・みんなに聞きたいことがあるんだ・・・!”

“愛し合ってるか~い!  Yeah~! 
EveryBody Say Yeah~!  Yeah~!
チャボがギターをかき鳴らす・・・!
ステージには出演者が集まっていた・・・

「雨上がりの夜空に」

も~大合唱です・・・!

3万人が・・・それ以上が歌っていました・・・そう感じました!

ステージでは代わる代わるボーカルをとっていて、
泉谷はなぜか腕立て伏せ・・・?とにかく盛り上がった!
チャボも元気だった・・・!

最後に金色のテープが飛んできた・・・
MR FUJIROCK FESTIVAL・・・と書かれてあった・・・

ステージが少し暗くなり会場には「Oh!Radio」が流れ
スクリーンには清志郎の姿が映し出された・・・
オフショットの映像だ・・・
自転車に乗る清志郎・・・
温泉でくつろぐ清志郎・・・
穏やかな表情だ・・・

ステージでは出演者が一列に並び、肩を組み、片足を上げてから
全員でお辞儀・・・
清志郎のライブではお馴染みの光景だ・・・長~~いお辞儀・・・

出演者が去っても「Oh!Radio」と映像は続いていた・・・
立ち去る人は誰もいない・・・みんなスクリーンに釘付けだ・・・
最後に清志郎は自転車に乗って去って行った・・・

スクリーンには「Forever Kiyoshiro」・・・

歓声と拍手は鳴り止むことはなかった・・・

放心状態・・・でした・・・







ちょっとだけ・・・

続くかも・・・







01:00 | 忌野清志郎 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FUJIROCK PART2

前回のエントリーにつづき、
FUJIROCK 09 忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ NICE MIDDLE
with New Blue Day Horns

トップは泉谷・・・
アコギ1本、一人で登場。
「2時間35分」をやるがキーが高け~ッと言って中止?
今度は「シュー」・・・観客の大合唱に助けられ?熱唱!
「忌野は死んじゃいねェ!あいつはずっとおまえらの中にいるぜ~!」

熱いよ・・・泉谷・・・
でも、たまにはちゃんと歌ってね・・・

そして、ブッカ―T,スティーブ・クロッパー、ウィルコ・ジョンソン、ノーマン・ワットロイ
NICE MIDDLE with New Blue Day Horns の登場。

「IN THE MIDNIGHT HOUR」 スティーブのボーカル

「DOCK OF THE BAY」 ブッカ―Tのボーカル
途中からオルガンから離れ中央のスタンドマイクで歌った。
ちょっと感動・・・
他の方々も個性が強くて、カッコ良かったなァ~!

そしてステージが暗くなり、いつものMCが・・・
「KING!GOD!夢助~!ミスターフジロック!忌野!清志郎~!」

大歓声!

スクリーンに清志郎が登場!「フジロック ベイべ~!」
「熱いぜフジロック ベイべ~!」
そう叫んでメンバー紹介・・・
最後にバンマス・・・三宅伸治~!

バリバリのヒットナンバー・・・「JUMP」

映像と伸ちゃんのギターがぴったりと合っていた。
観客はドッ~と前に押し寄せてくる!
スクリーンは清志郎、ナイスミドル、観客と次々に切り替わる。
巨大風船も飛び出てきた。

こんな「JUMP」は初めてだ・・・会場が大合唱している!

清志郎がそこにいるみたいだ!

続いて、伸ちゃんがCharを呼び込む
ピンクのテンガロンハットにド派手な羽根のレイをかけ
「ロックンロールショー」叩きつけるようなギターのリフ
途中から女性ダンサーも二人出てきて盛り上げました。

間を開けずに「デイドリームビリーバー」のイントロが始まる。
伸ちゃんに呼ばれたのは、浜崎貴司とYO-KING!
もう、大合唱です!サビではみんなで手を大きく振って歌っていました。

次に流れてきた曲は・・・「スローバラード」・・・
いったい誰が歌うんだ・・・?

小走りにステージに出てきたのは・・・UA・・・だった。

これが素晴らしかった。「スローバラード」をこれほど上手く歌える歌手は
清志郎以外に僕は知らない。完全に自分のものにしている。
間奏で「キヨシロ~~!」と絶叫!
最後は「清志郎~!愛してま~す!」と叫んで退場・・・

続いて伸ちゃんに“ソウルマン”と紹介され、トータス松本が登場。
なんと、丸坊主・・・!?
清志郎との思い出話をして、その話にまつわる曲「Baby 何もかも」・・・
はっきりとした伸びのある声でしっかりと歌ってくれた、とても気持ちが入っていた。
さすがにマントショーは無かったけど「どうもありがとう~」と言って
ステージ袖に引っ込んだと思ったら、もう一度戻ってきてくれて・・・大喝采でした。

続いて、ヒロトとマーシー・・・「REMEMBER YOU」・・・素晴らしかった・・・
そしてヒロトが“ロックンロールは死にません!ここにいるみんなが笑ったり
歌ったりするのをやめない限り、世界中の子どもたちが笑ったり泣いたりするのを
やめない限り・・・ロックンロールは死にませんよ~”・・・大歓声!!

すかさず「キモちE」・・・ヒロトにはこの曲がとっても合っているように思う。
大盛り上がりでした!


ヒロトとマーシーが退場して・・・


次に登場してきたのは・・・


僕が一番気にしていた人・・・


この人を観に来たと言っても言い過ぎではない人・・・







続きます。













07:00 | 忌野清志郎 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

FUJI ROCK 忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラ NICE MIDDLE with New Blue Day Horns

ずいぶん時間がたったけど、フジロックの事にもふれておきます。

(あまりにも遅すぎだろ~!)

フジロックはいつも行きたいなァと思っていたイベントですが
どうしても仕事の都合上、今まで行ったことはありませんでした。
ただし今回は・・・今回だけは・・・
行かなければ後悔すると思い
一人っきりで日帰りツアーを強行しました!

フジロックと言っても・・・体力との兼ね合いもあり・・・
清志郎だけ観れればいいと思い、昼頃に都内を出発です。
関越では事故渋滞もあり予定より遅れてしまいました。
チケットの申し込みが遅かったため指定駐車場は神立です。
そこからシャトルバスで苗場入りというわけです。なんか楽しい・・・

フジロック 一旗うさぎ

会場はやはり山の中、雨が降ったり止んだりのあいにくの空模様。
この日のために用意しておいたセールで買ったレインスーツを着こみ
いざグリーンステージへ!

フジロック 川


清志郎の前の BEN HARPER がなかなか凄い!
うっかり体力を消耗してしまった。ウゥ~まずいまずい。
人をかき分け徐々に徐々に前へ進出・・・

バンドが終了し、モッシュピットの客の入れ替えがあった。
凄い人だけど・・・行くしかない!
デッカイ野外のパワステみたいだ!密度が濃い!
なんとか前から8番目くらいの場所をキープ。

ステージはいつものセットとあまり変わらない
左側にブッカ―Tのオルガンがあり、
巨大なキャンドルがいくつも置かれていた。

フジロック グリーンステージ

いよいよ忌野清志郎スペシャルメッセージオーケストラの始まりだ!
大音量でフジロックテーマソング「田舎へ行こう」が流れ
ステージ両脇のスクリーンに自転車でフジロック入りする
清志郎の映像が映し出された・・・

そしてSMASH代表日高氏が登場「雨は上がったかい?」
「ロックンロールしようぜ!」と挨拶。
なんとこの時、今までくすぶっていた空がみごとに晴れていたのでした。
流石晴れ男、清志郎!
そしてこの時点でレインスーツを脱がなかったことを
あとあと後悔することになるのでした・・・


次回につづく・・・




10:51 | 忌野清志郎 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑